お茶・緑茶・べにふうき│静岡県磐田市から産地直送【静香園】の深蒸し茶

静香園の歩み

 

私たちはもともと盆栽業を営んでいました。
長い時間と手間、愛情をかけて育てる盆栽づくりで、
内閣総理大臣賞を受賞するなど、高い評価をいただき実績も重ねていましたが、
ふるさと磐田原台地が茶の栽培に適していたことから、
平成7年に、異業種から茶づくりへの参入を決意。
盆栽業で培った土づくりの知識や、樹木の栽培技術を活かし、
「静香園」を創業しました。
“他産地とブレンドしない、磐田原台地100%の生粋のお茶をつくろう”と、
地元の茶農家の方々とともに、おいしいお茶づくりを目指し、
深蒸煎茶の部で全国茶品評会農林水産大臣賞を受賞するまでになりました。
“磐田原台地を、お茶の一大産地に”という思いを胸に、
さらに日々研鑽を重ね、丹精を込めたお茶づくりを一生懸命、続けていきます。

静香園の歩み

 

私たちはもともと盆栽業を営んでいました。長い時間と手間、愛情をかけて育てる盆栽づくりで、内閣総理大臣賞を受賞するなど、高い評価をいただき実績も重ねていましたが、ふるさと磐田原台地が茶の栽培に適していたことから、平成7年に、異業種から茶づくりへの参入を決意。盆栽業で培った土づくりの知識や、樹木の栽培技術を活かし、「静香園」を創業しました。“他産地とブレンドしない、磐田原台地100%の生粋のお茶をつくろう”と、地元の茶農家の方々とともに、おいしいお茶づくりを目指し、深蒸煎茶の部で全国茶品評会農林水産大臣賞を受賞するまでになりました。“磐田原台地を、お茶の一大産地に”という思いを胸に、さらに日々研鑽を重ね、丹精を込めたお茶づくりを一生懸命、続けていきます。

2-2.jpg 2-3.jpg 2-4.jpg
盆栽業から茶業へ。ノウハウを生かしたお茶づくり
 
盆栽の育成で培った土づくりと茶の木の育成技術、
そして、長い時間と手間をかける情熱は、
お茶の栽培にとても役に立っています。
肥料を施しやすい台地のメリットを生かし、
お茶づくりに適した、理想的な土づくりを追求。
長い蒸し時間に耐えられる、肉厚で丈夫な茶の葉を育て、
太陽と台地の恵みがたっぷりのお茶をつくっています。
盆栽業から茶業へ。
ノウハウを生かしたお茶づくり
 
盆栽の育成で培った土づくりと茶の木の育成技術、 そして、長い時間と手間をかける情熱は、 お茶の栽培にとても役に立っています。 肥料を施しやすい台地のメリットを生かし、 お茶づくりに適した、理想的な土づくりを追求。 長い蒸し時間に耐えられる、肉厚で丈夫な茶の葉を育て、 太陽と台地の恵みがたっぷりのお茶をつくっています。
2-5_20190311201805818.jpg 2-6.jpg 2-7.jpg
お茶づくり 親子三代
 
私たち「静香園」は、親子三代でお茶づくりに取り組んでいます。
他産地とブレンドしない「磐田原台地100%」、
地元の契約農場だけの「シングルオリジン」のお茶づくりにこだわり、
多くの皆様に愛されるお茶づくりに精進しています。
昔ながらの知識や伝統技術に、新しい技術や感性を加え、
磐田原台地が、お茶のブランド産地としてさらに発展できるよう、
親子三代で力を合わせ、一歩先行くお茶づくりに励んでいきます。
お茶づくり 親子三代
 
私たち「静香園」は、 親子三代でお茶づくりに取り組んでいます。 他産地とブレンドしない「磐田原台地100%」、 地元の契約農場だけの 「シングルオリジン」のお茶づくりにこだわり、 多くの皆様に愛されるお茶づくりに精進しています。 昔ながらの知識や伝統技術に、 新しい技術や感性を加え、 磐田原台地が、 お茶のブランド産地としてさらに発展できるよう、 親子三代で力を合わせ、 一歩先行くお茶づくりに励んでいきます。
2-8.jpg 2-10.jpg
静香園のミッション
 
「いつ、どこで、誰が、どのように育てたか」がわかるお茶をお届けする
・魚粕や菜種粕などの有機肥料を主体とした、化学肥料に頼らないお茶をつくります。
・土を元気にし、木を強くすることで、病害虫の発生を抑え、減農薬に取り組んでいます。
トレーサビリティシステムを確立し、茶園管理や荒茶の製造管理記録など、追跡ができる体制を整えています。
 
磐田原台地100%、まじり気のないお茶づくり
・他産地の茶葉は一切使用していません。
・契約農家が手塩にかけて育てた磐田原台地シングルオリジンのお茶です。
 
持続可能な農業をサポート。地元の農家を守り、後継者を育てる
・農薬や化学肥料に頼らない、自然環境と融合した持続可能な茶栽培を行い、
磐田原台地100%のお茶づくりにこだわり、地元の農家を守ります。
・茶農家の高齢化や後継者不足の課題に向き合い、
次世代につながる魅力ある茶産業の発展を支援していきます。
静香園のミッション
 
「いつ、どこで、誰が、どのように育てたか」
がわかるお茶をお届けする
・魚粕や菜種粕などの有機肥料を主体とした、 化学肥料に頼らないお茶をつくります。
・土を元気にし、木を強くすることで、 病害虫の発生を抑え、 減農薬に取り組んでいます。
トレーサビリティシステムを確立し、茶園管理や荒茶の製造管理記録など、追跡ができる体制を整えています。
 
磐田原台地100%、まじり気のないお茶づくり
・他産地の茶葉は一切使用していません。
・契約農家が手塩にかけて育てた 磐田原台地シングルオリジンのお茶です。
 
持続可能な農業をサポート。
地元の農家を守り、後継者を育てる
・農薬や化学肥料に頼らない、 自然環境と融合した持続可能な茶栽培を行い、 磐田原台地100%のお茶づくりにこだわり、 地元の農家を守ります。
・茶農家の高齢化や後継者不足の課題に向き合い、 次世代につながる魅力ある茶産業の発展を 支援していきます。
品評会 受賞歴
 
農林水産大臣賞受賞4回(1等1席)
第56回 全国茶品評会
第44回 関東ブロック茶の共進会
第52回、第54回 静岡県茶品評会
品評会 受賞歴
 
農林水産大臣賞受賞4回(1等1席)
第56回 全国茶品評会
第44回 関東ブロック茶の共進会
第52回、第54回 静岡県茶品評会